男性カンジダ性亀頭包皮炎改善に役立つ情報

男性カンジダ性亀頭包皮炎改善に役立つ情報を公開

痛い!何度もぶり返す「男性カンジダ性亀頭包皮炎」とは?

カンジダ」とはいわゆるカビの一種です。カビと聞くととても驚いてしまうかもしれませんが、このカンジダ菌は人なら誰でも体内に持っているもので、通常、健康な状態なら何も悪さをしません。

 

ですが、日々の生活や仕事などで疲労が溜まったり、例えばインフルエンザなどにかかり抗生物質を服用したときなど、体の免疫力が下がったとき、普段は何でもないカンジダ菌が急に悪さをしてしまうのです。

 

この菌で亀頭が炎症を起こしてしまう状態を「男性カンジダ性亀頭包皮炎」と言います。


カンジダというと女性に多いイメージで、その症状は極度の痒みとカッテージチーズのようなポロポロとしたおりもの、そして強烈な臭いがあり発症すればすぐにわかるのですが、男性の場合は細菌性の包皮炎もありますので一見区別がつきにくいかもしれません。

 

主な症状は、赤み、ただれによる痛み、痒みの他にポロポロと白いカスがでる等の症状がありますが、細菌性、カンジダ性、どちらの包皮炎でも同じような症状がありますので自己判断で治療薬を塗ったりするのは禁物です。

 

また、清潔を保とうと過剰に石鹸やボディーソープなどで洗いすぎるのもいけません。これは女性も同じですが、もともと体に持っている細菌を石鹸などで洗い流してしまうことによって、更にカンジダ菌が増えてしまうとゆう悪循環になってしまいますので、お湯で綺麗に洗う程度に留めておき、早めに受診することが完治への近道です。

 

自宅で治すならロテュリミンAFが1番良いです。

gasu.biz

男性カンジダ性亀頭包皮炎かどうかを見極めるポイント

カンジダ菌」は、女性の腟内に存在する常在菌のひとつです。
そのため、カンジダに悩む女性はとても多いのですが、男性でもカンジダ菌による「男性カンジダ性亀頭包皮炎」という症状が起こることがあります。
主な症状には、かゆみや臭い、ただれ、赤み、カスが出るなどがあります。
また、男性カンジダ性亀頭包皮炎かどうかの見極めポイントとして、以下のことが挙げられます。
・亀頭部や包皮に白いカス
・患部のカサつき
・赤い湿疹や水泡ができる
・包皮からの分泌物
これらの症状が確認できた場合には、早めに医療機関を受診したほうが無難です。
なぜなら、軽症であれば自然治癒することもありますが、男性カンジダ性亀頭包皮炎は根本的治療を行わなければ再発リスクがとても高い症状だからです。
また、清潔にすれば良くなるのではないか?と、過剰に洗いすぎて悪化させてしまうことも少なくありません。
カンジダ菌は洗い流すことはできないものなので、菌を殺す作用のある抗真菌薬を使用する必要があります。
デリケートな部分の症状であるからこそ受診しにくいということもあるでしょうが、先に挙げたポイントに当てはまる症状があって男性カンジダ性亀頭包皮炎の疑いがあるのであれば、悪化や再発を繰り返さないためにも医療機関を受診して根本的治療を行いましょう。

gasu.biz

「男性カンジダ性亀頭包皮炎」は根本的治療で再発を防げる

デリケートな部分の悩みというのは、なかなか人に相談したり医療機関を受診したりしにくいという人も多いことでしょう。
そんなデリケート部分の症状のひとつに、ペニスがかゆい、臭う、カスが出るといったことがある場合、「亀頭包皮炎」の可能性が考えられます。
これは、子どもに多く見られるものではありますが、大人であっても発症することがあります。
先述したような症状のほかにも、ただれや赤みが起こるケースもあるようです。
発症する原因はさまざまですが、性行為や自慰、不衛生、包茎などが挙げられます。
症状が軽ければ自然治癒することも少なくありませんが、放っておいたりセルフケアすることで悪化してしまうおそれもあるので注意が必要です。
特に、カビの一種であるカンジダ菌が繁殖することで起きる男性カンジダ性亀頭包皮炎は、菌が皮膚に根付いてしまうという特徴があります。
このことで治りが遅く、また菌を除去する根本的な治療をしなければ再発を繰り返してしまうため、医療機関を受診することが得策であるといえるでしょう。
医療機関を受診すると、菌を殺す作用のある抗真菌薬の塗り薬や軟骨を処方してもらえるので、しっかりと治療を行えば完治できる症状です。

gasu.biz

男性カンジダ性亀頭包皮炎とは?

「男性カンジダ性亀頭包皮炎」って聞いたことありますか?よく女性のおりものの異常などの症状の病名として「カンジダ膣炎」「膣カンジダ症」が有名かと思いますが、実はこれ男性に感染してしまうこともあるのです。女性と同じように、痒みや痛み、異臭などといった症状が特徴です。デリケートゾーンの異常が起こることで、「性病ではないか?」と心配される方も少なくありませんが、性病とは全く関係ないのでその点はご安心ください。「カンジダ」は女性の膣内に常在しているもので、性行為によって男性に感染します。しかし、「男性カンジダ性亀頭包皮炎」は女性の「カンジダ膣炎」に比べ、発症率は多くありません。女性性器と違い、男性性器は体の内部でなく、空気にさらされている状態の為、菌が繁殖しにくいと言われている為です。毎日お風呂に入るなど、清潔を保っていれば発症することは殆どないそうです。発症後の特徴としては先述した通り、痒みや痛み、また白いカス、男性性器の赤み等です。「カンジダ」はカビの一種の為、発症すれば根を張って繁殖していくので、過剰に洗うなどしても治るわけではありません。異常があると思ったら専用の薬を使うか、まずは病院に行って相談しましょう。

gasu.biz

男性カンジダ性亀頭包皮炎の軟膏治療

男性カンジダ性亀頭包皮炎に罹患した場合は、一刻も早く医師の診察を受けることが望ましいです。その理由は、症状に適した治療を受けることができるからです。大抵の場合、病院で処方される薬は、ロテュリンAF軟膏という薬です。男性のカンジダ菌の治療は、軟膏による治療がメインですから、女性のカンジダ菌の治療のように抗生物質を飲んだりなどの面倒な治療が必要ないのがメリットです。少しの期間難航に頼れ場、比較的早い段階での治療が可能であるということです。病院にいくと、日常生活のことなどを根掘り葉掘り聞かれます。せれは、どういう経緯で発症したのかを医師側は知りたいからです。また、医師や看護師にペニスを見られます。ただでさえデリケートな部分ですから恥ずかしいなどの思いから、病院に行くことを躊躇してしまうケースも少なくありません。こうした状態の中で、医師は症状を判断していくのです。薬剤に対しては、アレルギー体質の人もいますから、アレルギー状態の有無やその時のペニスの状態により、適切な治療法が決定します。あとは、医師の指示に従うことが、症状改善への近道です。正しい治療法を知っていれば、そこまで怖いものではありません。時折薬が合わない、あるいは症状が改善されないといったケースがありますが、その都度医師に相談して解決するとよいです。

gasu.biz

市販の薬を購入しても一時しのぎ

近年、カンジダ菌を改善するための薬が販売されています。簡単に打ち明けられないのがドラッグストアで購入することができてかつ手軽に使用することができるので便利です。ロート製薬などがカンジダ菌に関する塗り薬を発売していますが、あくまでこれは女性の膣カンジダの薬であるということを忘れてはいけません。男性のカンジダ治療薬ではないということです。軟膏にも色々な種類がありますが、効果には個人差があるといわれています。かゆみなどの症状は一時的に治まりますが、時間がたてばまた再発するというのが現状です。あまり効果がないというのが正しい見方かもしれません。市販の薬を購入するにも、やはりカンジダ菌に対して優れた効果を発揮するものでなければ意味がありません。例え、優れた効果を発揮する薬でも、洗っては塗るを繰り返しているだけでは意味がありません。こうした行動を繰り返しているうちに、菌の薬に対する耐性ができてしまい、いくら薬を塗っても症状が改善されないのです。やがて薬が効きにくい状態に陥ります。また、違和感を感じたままでは、精神的にも負担になり、ホルモンのバランスが崩れ症状が悪化することにも繋がります。長期間症状が改善されない場合は、医師の診察を受けることが望ましいです。

gasu.biz

男性カンジダ性亀頭包皮炎の症状

これまでは、症状が出た時にとる行動を説明してきましたが、ここからは、具体的な症状発生のメカニズムについて記述していきます。カンジダ菌は、亀頭の付け根部分に輪のように溜まっていきます。この段階ではまだ自覚症状がありませんから、後に起こることがわからないままでいます。しかし、その後赤いプツプツが出てきます。この段階で痒みや痛みなどがわかるようになります。こうなると大抵の人は患部を洗浄して、菌を洗い流そうとする行動に出ます。このやり方は完全に間違っています。違和感を感じた時点で医師の診察をウケるべきであるといわれています。カンジダ菌は、カビの一種であることから亀頭に根付いてしまっているといっても過言ではありません。症状を放置することにより、根はどんどんと深くなります。例えば、殺菌作用の強い石鹸などで患部を洗えば良いと考えている人がいるかもしれませんが、殺菌されても、患部は湿り気の多い状態を形成していますから、湿気を好む華美にとっては最適な生育環境であることは否めません。患部を洗う行為は、カビを増やす行動を自分でさせて症状を悪化させてしまっているのです。洗っても症状は改善されません。次にとる行動は、市販の薬を購入することです。

gasu.biz